駒込駅徒歩5分・田端駅徒歩8分の歯医者のインプラント

駒込で歯医者をお探しなら、『駒込歯科クリニック』

0358421717

平日 9:00~13:00 / 14:30~19:00
土曜 9:00~13:00 / 14:00~17:00
休診 日曜・祝日

E PARK

インプラント

当クリニックのインプラントについて

状況に合わせて最適な治療法をご提案

状況に合わせて最適な治療法をご提案

歯を失った場合の治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった方法が挙げられます。このうちインプラントは、失った歯の代わりに人工の歯根をあごの骨に埋め込んで固定する治療法で、安定性が高く本物の歯と遜色なく噛めるという点、残っている歯を削らずに装着できるという点において優れています。

しかし、インプラントは歯根を埋め込むための外科手術が必要であること、そしてお口の衛生状態によってはインプラント周囲炎と呼ばれる歯周病と同じような病気になりやすいことから、ご高齢で何年も入れ歯に親しんできたという方では使い慣れた入れ歯の方がむしろ快適だということもありえます。また、保険が適用されないため患者さんの経済的負担が大きく、どちらがいいのかということは一概には決められません。

当クリニックでは今の歯の状態や患者さんの生活などを考慮し、例えば部分的にインプラントと入れ歯を組み合わせるなど、さまざまな治療方法をご提案しています。歯を補う治療を希望される方はあまり先入観を持たず、お気軽にご相談ください。

インプラント治療とは?

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する最新の治療法です。 従来の入れ歯やブリッジとは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように”食べる・話す”ことが出来るようになります。

インプラント治療の流れ

1.診査、診断、治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者さんとの相談をしながら治療計画を立てます。

2.インプラント埋入手術

インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。インプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません)。

3.アバットメントの接続

人工歯を支えるためのアバットメント(支台部)をインプラントに接続します。

4.人工歯の装着

歯を製作するためにお口の中の型を取ります。作成した人工歯をアバットメント(支台部)に装着して完成です。

5.メインテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。インプラントを長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることが必要です。

インプラントのメリットとデメリット

メリット
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので違和感無しで噛むことができます。
  • 噛む力は天然歯の80%回復することができるので、固いものを気兼ねなく噛むことができます。
  • 隣の歯を削る必要はありません。
  • 見た目は天然歯そのものです。
  • 1本1本にかかる噛む力が分散され、リスクの分散が出来ます。
デメリット
  • インプラントを埋め込むには抜歯と同程度の手術が必要になります(手術は個人差がありますが30分~120分程になります)。
  • インプラント治療は、重度の糖尿病等、全身の疾患がある場合や骨粗しょう症のかたには治療できない場合があります。
  • インプラントを維持する為には十分な口腔衛生の管理と定期的な検診を必要とします。
  • インプラント治療は現在、保険に適応しないため治療費が高額になります。
  • インプラント治療は、口腔内の衛生状態が悪かったり、骨の量・密度が足りない場合付帯手術(有料)が必要な場合があります。
  • 治療期間が他の治療に比べ、長くかかります(入れ歯1~3ヶ月/ブリッジ約1ヶ月/インプラント3~12ヶ月)。
  • 治療がうまくいかなかった際、入れ歯・ブリッヂなどは比較的簡単に治せますが、インプラントは簡単に抜く事(治すこと)ができません。

他の治療法との違い

1.しっかり噛める

従来の義歯(入れ歯)ではガタつき、不安定なためあまり良く噛めません。また、時には粘膜に当たって痛みの原因にもなります。

2.違和感が無い

義歯はどうしても違和感が強く、どうしてもなじめない方も多くいらっしゃいます。また、食事をしてもおいしさが半減してしまいます。
インプラントであれば天然歯と同じような状態にするため違和感がほとんどありません。

■従来の治療法

  • 歯が1本抜けた場合 (ブリッジ治療)

    歯が1本抜けた場合 (ブリッジ治療)

    周りの健康な歯を削ってブリッジ治療にします 。

  • 部分入れ歯の場合

    部分入れ歯の場合

    入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

  • 総入れ歯の場合

    総入れ歯の場合

    入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛かったりします。

■新しい治療法(インプラント治療の場合)

  • 歯が1本抜けた場合 (インプラント)

    歯が1本抜けた場合 (インプラント)

    ブリッジ治療と違い周りの健康な歯をまったく削ることなく歯のない部分にインプラントを入れます。

  • 複数歯のインプラント治療

    複数歯のインプラント治療

    針金付きの入れ歯でなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます。

  • 無視顎へのインプラント治療

    無視顎へのインプラント治療

    数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

インプラントQ&A

治療期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、一般的に4ヶ月から6ヶ月程度です。
インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。

費用はどのくらいかかりますか?

インプラント治療は現在保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

治療はだれでも受けられますか?

顎の骨が完成する18歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。

一度入れたインプラントに寿命はありますか?

患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?

インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。