駒込駅徒歩5分・田端駅徒歩8分の歯医者の顎関節症・咬みあわせ

駒込で歯医者をお探しなら、『駒込歯科クリニック』

0358421717

平日 9:00~13:00 / 14:30~19:00
土曜 9:00~13:00 / 14:00~17:00
休診 日曜・祝日

E PARK

顎関節症・咬みあわせ

顎関節症・咬み合わせについて

顎関節症・咬み合わせについて

顎関節症というのは、関節の雑音、関節の痛み、開口時の障害や、顎の運動異常を主な要症候とする慢性疾患群の総括的診断名です。その病態には変形性顎関節症、関節円板障害、関節包・靱帯障害、咀嚼筋障害などがあります。原因は人によりますが、噛み合わせが低くなるなど適正な噛み合わせでなくなり、顎の関節の音が気になる、口の開け閉めに違和感があるなどの変化があります。

また、日常の生活習慣、たとえば肘をついて顎を手に乗せる、うつ伏せになって顔を横に向けて寝るなど、意外なことの積み重ねが原因になることもあります。気になる方、心あたりのある方は、ぜひ一度ご相談ください。

顎関節症の自己診断基準

以下のようなものが顎関節症の症状として挙げられます。

  • 顎の付け根(耳の近く)が口の開閉時や何かを噛んだときに痛い。
  • 顎がひっかかって、口が大きく開かない(指が2本入らない)。
  • 耳の付け根あたりから首筋のラインがつるように痛むことがある。
  • 顎の関節が鳴る(みしみし、ぽきぽき、など)。
  • 顎の筋肉に痛みやだるさを感じる。
  • 口を大きく開けようとすると、真っすぐ開かない。
  • ストレスやイライラから来る関節の違和感や痛みがある。

上記に一つでも心当たりがあったら、顎関節症の可能性があります。
レントゲン撮影や噛み合わせの検査をすることをオススメします。

顎関節症の治療

ほとんどの場合、マウスピースによる治療、噛み合わせ調整、義歯・入れ歯の調整、クラウン(歯の被せ物)や詰め物による咬合の調整、矯正治療など、保存的な治療で対応が可能です。マウスピースによる治療は就寝時、日中装着し、顎の関節の安静化をはかり、後日、噛み合わせの調整をして、顎関節の位置を適正にすることで治療効果を得る、もっとも一般的な治療です。保険診療が可能です。

軟骨が引っ掛かっている症状なら、徒手整復が出来る場合もあります。また、症状により、痛みや腫れを抑える薬を使う場合もあります。軟骨が骨と癒着してしまっている場合は、内視鏡治療が必要になります。また、軟骨に穴が開いてしまった場合は、MRIや造影検査が必要です。これらのような高度な治療が必要とされる症状は、国立・県立総合病院、私立総合病院と連携しながら治療を進めていきます。

日本顎関節症学会が定める顎関節症のタイプは、以下の5つです。

Ⅰ型…顎の筋肉の異常によって、顎がだるく感じる・痛みを感じる
Ⅱ型…顎関節の周囲のじん帯などの障害によって、口の開閉時やものを噛んだりするときに痛みを感じる
Ⅲ型…顎関節にある軟骨の異常によって、顎から異音や雑音がする、または引っ掛かって口が開けられない
Ⅳ型…顎関節の骨に変形やすり減りが起こり、痛みや雑音がある
Ⅴ型…Ⅰ~Ⅳ型に当てはまらない場合